債務整理を自分でするのは大変

借金の支払いで借金のほとんどが消えてしまい、生活をするのもやっとという状態の時がありました。そんな時に知ったのが、債務整理です
債務整理という言葉を聞いたことが無い人でも、自己破産という言葉であれば聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。自己破産も債務整理の手続きの一つなのですが、私が行おうとしたのは、任意整理という方法でした。私が任意整理を選んだ理由としては、手続きがスムーズに進んだ場合には、早期に返済額を縮小することが出来るということや裁判所での手続きが必要ないということがその理由でした。最初は、自分で行うことも検討し、色々と調べたのですが、調べると調べるほどに自分では出来ないと思い、お金は必要ですが、弁護士に手続きを依頼しました。
手続きはスムーズに進み、毎月の返済も少なくなり、少しですが生活も楽になりました。
弁護士費用の支払いが終われば、もう少し楽になると感じています債務整理をして改めて分かったことは、お金を借りるのは簡単ですが、しっかりと返済時のことを考えて借りなければ、返すのは非常に大変だということです。このことを肝に銘じて借金完済までの期間を過ごしていきたいと思っています。

資産1000万円以上の20代 お金の知識は家族から
今回からフィデリティ退職・投資教育研究所所長の野尻哲史さんの日経マネー連載「子供にお金の話をしよう」の転載を開始します。第1回のテーマは「その金融知識、もし20代で知っていれば……」です。 [親父の悩み]自分の資産は何とかつくってきた。でも子供の学費や結婚 (続きを読む)