年金受給者でも任意整理で借金問題を解決することが出来ました

消費者金融からの借金返済が難しくなり、法律事務所の借金相談を利用した事があります。借金相談を利用した理由の一つに自分は年金受給者であり、債務整理を利用する場合には自己破産しか手立てがないのか、それとも任意整理を行うことが出来るのかを知りたかったからです。
任意整理の場合、減額後の借金を分割で支払う必要があり、年金などから返済を行う事が出来ると感じているのですが、どれだけ減額できるのか、月々の支払額がどれだけになるのかが解らないため相談をしてみたいと思っていたのです。借金相談を受けた時に自分の借金には多くの過払い金が含まれている可能性が高いと言った説明を受けました。この過払い金を取り戻す事、そして債権者との交渉を行って減額することで月々の返済額は現在よりも大幅に減る可能性が高い事を知らされ、委任状を作成して弁護士に依頼する事に決めました。
因みに、年金受給者の場合でも任意整理の方法で借金問題を解決することは出来るのですが、減額後の借金を分割で支払った場合、それが年金などを利用して返済可能な額であれば良いのですが、年金だけでは支払い切れない額の場合には自己破産の手続きで問題を解決する必要が在ると言う事を教えて貰いました。
人生を左右する「30~40代でのお金の使い方」こんな人は危ない!=川畑明美
効率よくお金を増やしたいと考えるなら、30代にしっかりとお金を貯める必要があります。投資の成果が出るのは5〜10年後。ライフイベントが重なる40代前に増やせると楽です。(『教育貧困にならないために』川畑明美) (続きを読む)