体験談からいえばパチンコの借金の返済は不可能

身近な存在でいつでも遊べるものにパチンコがあります。暇な時間に少し遊ぶ程度であれば問題ないのですが休日朝から並んでパチンコを打つとなると大きな金額が必要なことがあります。ギャンブル性の高い機種が多く、1日で10万円以上稼ぐことも可能です。しかしそううまいことは続くわけもなく気づけばそれ以上負けていることが多いです。初めは小遣いの範囲で遊ぶことを決めているはずが、給料を全部使うようになりその次に貯金を使うようになりました。毎月苦しい生活をしていてもそれを繰り返す日々が続きます。
お金がないとやめればいいのですが、暇な時間をつぶすことができず数千円しかなくてもパチンコをする生活をしてしまいます。つい熱くなりもう少しあれば必ず勝てる。次こそは勝てるという変な自信にとりつかれ、消費者金融で借金をするようになりました
今ではパソコンやスマートフォンがあればキャッシングやカードローンのカードを簡単に作れるようになっています。
審査も簡単で翌日には現金を手にすることができます。
初めは借金にすごい抵抗がありましたが、負け続けるとあっという間に数十万円の借金をすることになりました。給料日に返済をして、また借りる日々が続きます。体験談からいうとパチンコで一度借金をすると返すことはほぼ不可能です。
ときおり起こる車内での子どもの死亡事故…親はどんな責任を問われる? - ニフティニュース
ニフティニュースときおり起こる車内での子どもの死亡事故…親はどんな責任を問われる?ニフティニュース今年も6月に入り、暑く感じる日が増えてきましたが、梅雨が明ければ更に暑い日が続くことになります。 夏本番は誰もが気を付けていますが、意外と油断しがちなのが、車内環境。エアコンをつけなければかなり高温になり、エアコンをつけていても乾燥しがちになります。 このよう ...and more »(続きを読む)


勤務先の大阪で債務整理を依頼した

住んでいる場所では、知人や友人にバレると嫌なので勤務先の最寄り駅の大阪で債務整理をしました。大阪なら、人口も多く特に駅前にはたくさんのビルがあるのでその中の法律事務所に行ってるところを仮に見られても言い訳ができます。借金があるのは、家族には絶対に内緒にしたいので大阪ですることにしました。相談をする前は、費用のことなど不安はたくさんありました。しかし、実際に相談に行くとそんな心配もなくこちらの話を丁寧に聞いてもらえました。それで、自分に合う債務整理を説明してくれました。
相談に行くまでは、債務整理とはどんなことをするのか知らないままだったので話を聞くだけでも参考になります。自己破産か、任意整理ができると提案され、それぞれについての詳しく方法を解説してもらえました。
自分でもどちらの方法が、最適なのかわからないので迷っていました。すると、任意整理をしている途中でも返済ができなくなると自己破産に切り替えることは可能だと言われました。
ただ、その場合は両方の費用がかかるとも教えてもらいました。それで、自己破産をすすめられました。初めはわからないので、迷いましたが自己破産をして今は良かったと満足しています。

サラ金の借金を同じく借金で返すと元金はまったく減らない

自分は無職の状況でサラ金からお金を借りていたことがあります。なぜ無職なのに借りられていたのかというと、働いていたときに作ったキャッシング用のカードがあったからです。自分から「無職になりました」と申告しない限り、サラ金こちらが無職になったことがわからないので、カードが有効のままだったわけです。でも、当然ですが無職で借りていると、返済しても全然債務は減らないんですよね。
なぜかというと、そもそも、返済に充てているお金も借りたものだからです。つまり、利用限度額が残っている限り、一枚のカードで借りて返すということが可能なんです。最初は、また働き始めたらちゃんと返せるので、それまでは借金で返済していこうという考えですが、いつまで経っても仕事が決まらず、やがて借金が利用限度額まで達してしまったので、結局、どうにもならなくなってしまいました。最終的に任意整理を選んだわけですが、数ヶ月間、しのぐために借金で返済するのであればなんとかなりますが、一年や二年、借金を借金で返すという生活が続くと、きちんと返すのは難しくなるというのが実感です。
返済実績がある分、利用限度額の増枠審査が通って、結局、債務がふくれあがってしまいますからね。

放火殺人で一部否認 伊豆の国の事件 地裁沼津支部初公判
冒頭陳述で検察側は、被告が経営していた印刷会社が、自己破産したことについて知人から嫌みを言われてかつての職場の同僚宅へ放火することを決意したと指摘。事件現場を下見したり、時限発火装置を準備したりするなどしていたとし、「犯行は計画的。夜更けに放火を実行 (続きを読む)


任意整理のときに大手サラ金業者が元金を減額してくれた

自分が任意整理をしたとき、消費者金融、つまりサラ金の債権者は五社を超えていました。
そのリストを代理人である司法書士に見せたとき、「これだったら特に問題はない」といわれたことをよく覚えています。
なぜ、司法書士がそういうことをいったのかというと、サラ金によっては本当に分割で返してもらえるのかわからないといった理由で和解交渉を断るところがあるからなんですね。実際、交渉は特に問題なく終わりました。債権者のサラ金の中で、一社だけ債務が100万円を超えていたところがあったのですが、そこも大丈夫でした。
それどころか、元金を減額してもらえたのです。これはとてもありがたかったですね。もちろん、司法書士がうまく交渉してくれたから減額してくれたのでしょう。そのほかに、なぜこの消費者金融会社が減額してくれたのか、心当たりがあります。それは、取引期間が長かったというものです。実は、初めて消費者金融に申し込んだのがこの会社だったんですね。なので、債務もかなり多くなってしまいましたが、利息も結構返していたのです。そのため、多少の減額に応じてくれたのでしょう。そのほかにクレジットカード会社とも任意整理の交渉をしましたが、元金を減額してくれたところはなかったです。
「with B」ついにスタジオトーク解禁!28日「行列」出演
ブレーク中のお笑い芸人・ブルゾンちえみ(26)のバックに控える「with B」が28日放送の日本テレビ行列のできる法律相談所」(日曜後9・00)に出演。ひな壇でスタジオトークを解禁する。 ブルゾンが女優デビューしたフジテレビ「人は見た目が100パーセント」(木曜後10・00) (続きを読む)


債務整理を自分でするのは大変

借金の支払いで借金のほとんどが消えてしまい、生活をするのもやっとという状態の時がありました。そんな時に知ったのが、債務整理です
債務整理という言葉を聞いたことが無い人でも、自己破産という言葉であれば聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。自己破産も債務整理の手続きの一つなのですが、私が行おうとしたのは、任意整理という方法でした。私が任意整理を選んだ理由としては、手続きがスムーズに進んだ場合には、早期に返済額を縮小することが出来るということや裁判所での手続きが必要ないということがその理由でした。最初は、自分で行うことも検討し、色々と調べたのですが、調べると調べるほどに自分では出来ないと思い、お金は必要ですが、弁護士に手続きを依頼しました。
手続きはスムーズに進み、毎月の返済も少なくなり、少しですが生活も楽になりました。
弁護士費用の支払いが終われば、もう少し楽になると感じています債務整理をして改めて分かったことは、お金を借りるのは簡単ですが、しっかりと返済時のことを考えて借りなければ、返すのは非常に大変だということです。このことを肝に銘じて借金完済までの期間を過ごしていきたいと思っています。

資産1000万円以上の20代 お金の知識は家族から
今回からフィデリティ退職・投資教育研究所所長の野尻哲史さんの日経マネー連載「子供にお金の話をしよう」の転載を開始します。第1回のテーマは「その金融知識、もし20代で知っていれば……」です。 [親父の悩み]自分の資産は何とかつくってきた。でも子供の学費や結婚 (続きを読む)


パチンコで作った借金を死ぬ気で完済しました

大学生の時にパチンコにはまって、勝つ時には一日に50万近く勝つこともあるのですが、負けることもしばしばでした。バイト代が入るとすぐにパチンコで使ってしまうという生活を続けていたのですが、社会人になってからはセーブするようになりました。でも、ストレスが溜まりどうしてもパチンコに行きたいという衝動を抑えられずに、また再び頻繁に通うようになりました。勝つこともあれば負けることもあり、結果的に給料が入るとパチンコに行って使い果たしてしまうので、生活費は残らないし、ひどい時には毎月消費者金融で借金をしてまで通っていました。そんなことをしているうちにいつの間にか借金は300万になってしまっていました。大変なことになってしまったと思い借金を返済しようとするのですがなかなか減らずでくじけそうでしたが、大学の時からそばにいてくれた彼女に励ましてもらいながら死ぬ気で返済を続けて、5年かかってようやく完済しました。それから懲りてパチンコには手を出していません。
まとまった金額の借金の返済は他に娯楽を楽しむ暇もない位必死にならないと関西は難しかったです。
自己破産にもなりかねない状況だったので、対処できて本当に良かったです。
上田・別所温泉の柏屋別荘、破産手続き
上田市別所温泉で老舗旅館「臨泉楼柏屋別荘」を経営してきた柏屋別荘(上田市)が10日までに、地裁上田支部から破産手続き開始決定を受けた。帝国データバンク長野支店や破産管財人の弁護士などによると、負債額は約9億9500万円。2月末に事業を停止し、4月3日に (続きを読む)


年金受給者でも任意整理で借金問題を解決することが出来ました

消費者金融からの借金返済が難しくなり、法律事務所の借金相談を利用した事があります。借金相談を利用した理由の一つに自分は年金受給者であり、債務整理を利用する場合には自己破産しか手立てがないのか、それとも任意整理を行うことが出来るのかを知りたかったからです。
任意整理の場合、減額後の借金を分割で支払う必要があり、年金などから返済を行う事が出来ると感じているのですが、どれだけ減額できるのか、月々の支払額がどれだけになるのかが解らないため相談をしてみたいと思っていたのです。借金相談を受けた時に自分の借金には多くの過払い金が含まれている可能性が高いと言った説明を受けました。この過払い金を取り戻す事、そして債権者との交渉を行って減額することで月々の返済額は現在よりも大幅に減る可能性が高い事を知らされ、委任状を作成して弁護士に依頼する事に決めました。
因みに、年金受給者の場合でも任意整理の方法で借金問題を解決することは出来るのですが、減額後の借金を分割で支払った場合、それが年金などを利用して返済可能な額であれば良いのですが、年金だけでは支払い切れない額の場合には自己破産の手続きで問題を解決する必要が在ると言う事を教えて貰いました。
人生を左右する「30~40代でのお金の使い方」こんな人は危ない!=川畑明美
効率よくお金を増やしたいと考えるなら、30代にしっかりとお金を貯める必要があります。投資の成果が出るのは5〜10年後。ライフイベントが重なる40代前に増やせると楽です。(『教育貧困にならないために』川畑明美) (続きを読む)